「岡山スマイルーシブ・アートプロジェクト」とは

■【コンセプト・概要】

「岡山☆スマイルーシブプロジェクト」の実施にあたり、まず「アート」に着目しました。
アートには、人の心を揺さぶり、また人と人とをつなげるやわらかな求心力があります。一方で、障害のある方々のアート作品はその人のありのままを表し、見た人の心を揺さぶるものもあります。しかし、そうした作品の多くはあまり知られていません。
そこで、多様な人々がアートを通して交流することで、新たなつながりの「場」や「カタチ」をつくる「岡山スマイルーシブ・アートプロジェクト」に取り組んでいきます。
「スマイル」(笑顔)と「インクルーシブ」(障害のある人もない人も一緒に)というコンセプトのもと、障害のある方が描いたアート作品に気軽に接することのできる機会や、障害のある方とない方が一緒にアートやものづくりで交流する機会をつくっていきます。
「アート」や「ものづくり」を通して、新しいつながりの可能性を探っていきませんか?

 

■【プロジェクトの事業内容】

「岡山スマイルーシブ★アイデア・デザイン コンテスト
-あなたの「ヒラメキ」で、ワクワクな未来を一緒につくってみませんか?-」募集開始!
(募集は終了しました)

 

岡山スマイルーシブ★アイデア・デザイン コンテスト

障害のある方々が描いたアート作品を取り入れたグッズや商品のアイデア案やデザイン案を募集します!
障害のある方々が描くアートは、その人のありのままを表現しています。オリジナルな世界観と色彩で彩られています。感動や驚きを与える作品もあります。
しかし、その多くは世の中に出ることもなく、その魅力もあまり知られていません。
そこで、障害のある方々のアート作品の入ったグッズを作り、生活に身近なところで使っていただくことで、その作品を多くの人に見ていただこうと考えました。作品を知ってもらうことで、障害のある方々に生きがいが生まれ、自立や社会参加につながります。
また、皆様にとっても、アイデアやデザインを考える喜びや、想いが実現する可能性を感じていただければと考えています。
障害のある方々のアート作品をモチーフに、皆さんのアイデアや想い、そして夢をのせて、素敵なグッズのアイデアやデザインを考えてください。

→コンテストの詳細はこちらです。

「岡山スマイルーシブ★ウェブアートギャラリー」(インターネット上での障害者アート作品展)開設しました

 

岡山スマイルーシブ★ウェブアートギャラリー

障害のある方々が制作したアート作品をインターネット上で鑑賞できるウェブアートギャラリーを開設しました。障害のある方々が描くアートは、その人のありのままを表現しています。また、個性的な世界観と色彩で彩られています。
現在440作品を展示しています(H28年9月6日現在)。ぜひ、この機会に障害のある方々の素敵な作品の数々をご鑑賞していただけましたら幸いです。
また、「岡山スマイルーシブ★アイデア・デザインコンテスト」では、このギャラリーに掲載されているアート作品を活かしたグッズ・商品のアイデア案・デザイン案を募集しています。皆様からの応募をお待ちしています。

→「岡山スマイルーシブ★ウェブアートギャラリー」はこちらです。





「ぬかごっこ-ようこそ真夏のわくわくパラダイスへ-」開催しました!

ぬかごっこの様子

ぬかごっこの様子

「岡山スマイルーシブ・アートプロジェクト」のキックオフイベントとして「ぬかごっこ」を7月31日(日)、そして先日8月28日(日)の2日間にわたって開催しました。
両日で約300名の多くの皆様にご参加いただき、大変盛り上がりました。
ものづくりを通して障害のある方と健常者が交流を深めるイベントとして、早島町の生活介護事業所の「ぬか つくるとこ」の皆さんに講師として来ていただき、参加者の皆さんは「変身ベルトづくり」、「プラバン工場」、「新聞ちぎり」を体験していただきました。
また、高校生・大学生の皆さんが、学生ボランティアとして参加していただき、とても熱心に運営を手伝っていただきました。
参加者、学生ボランティアの皆さん、2日間に渡ってどうもありがとうございました!

→「ぬかごっこ」当日の様子はこちらです。